留学.NAVI

目的 準備 人気 ビザ オペア?? ワーホリ 必需品 豆知識 LINK
【PR】 [PR]

留学の目的と種類


留学の目的は人によって様々です。英語が話せるようになりたい、大学・大学院への進学のため、専門的な知識を身につけたい、資格の取得、海外就職へのキャリアアップ、生活体験などが挙げられます。自分が何を目的に留学するのかを明確にすることが、留学を成功させる最重要点といえるでしょう。


語学留学

「旅行中に英語ができれば便利」、「英語ができればインターネット上でももっと世界が広がる」、「就職の際に有利だから」など、留学を決めた多くの方は「英語が話せるようになりたい」という理由です。まぁ、その理由は一番理にかなっているとも言えるでしょう。管理人の観点からすると、それが一番英語上達に効果があることだと言えるでしょう。百聞は一見に如かず。そういった言葉もあるくらいですから、何度も聞くより一度見て体で覚えろという事でしょうね。

この英語力を集中的に身に付けたいのであれば、語学学校に通うことが最も近道であり、海外留学はこの語学学校から始まると考えても良いでしょう。生活の中で覚える言葉もありますが、基礎英語は語学学校以外で身に付けることはできません。語学留学は1週間の短期間から、年齢の制限なく開始することが可能です。海外が初めてという方でも、留学中に新しい目標が見つかるかもしれない貴重な期間となります。

 


TAFE/専門学校留学

学位 日本で同等の学位
CertificateI〜IV *
Diploma 専門学校卒業資格
Advanced Diploma 専門学校卒業資格

TAFE、専門学校では、各種分野の専門的な知識を身に付けることができます。自分の目的としている職業に直結した技術を身に付けることができますから、プロフェッショナルへの第一歩と呼べる留学です。

 


大学、大学院留学

学位 日本で同等の学位
Bachelor 学士号
Master 修士号
Doctor 博士号

高校やTAFE、専門学校を卒業後、さらに深い専門知識を身に付けようとを考えているのであれば、大学留学が良いでしょう。日本の高校卒業後、語学学校のファンデーションコースに入学すれば大学進学することが可能で、 日本の大学、大学院と同様に学位を取得することが可能です。

 


小、中、高校留学(交換留学、私費留学)

2002年度から多くの小学校で開始された英語教育など、義務教育課程の英語教育は年々進歩しています。英語圏の生活環境などを体験するためにも、親子で留学するのもよい経験でしょう。高校留学には通常、正規交換留学生として海外で一年間だけ過ごす方法と、現地の高校に独自で入学する二つの方法があります。現地の高校を卒業した場合は大学進学に有利なため、現在では私費留学が人気を集めています。


ワーキングホリデー留学

1年の間に旅行、ボランティア、ホームステイ、語学習得を楽しみたいのであれば、ワーキングホリデー留学が1番です。ワーキングホリデービザであれば、語学学校に3ヶ月間まで通うことができますから、1年間を有意義に過ごすためにも、渡豪後の3ヶ月間は語学学校で集中的に勉強することをお勧めします。その後動物園ボランティア、幼稚園ボランティアや日本語教師アシスタントに参加し、スキルアップすることもできるほか、ファームステイなども可能です。

Favorite

ブーケの制作(大阪)

ミニ盆栽を育てる

DVDプレス

胡蝶蘭なら

【除菌スプレー】弱酸性次亜塩素酸水

 

Copyright 留学NAVI All Rights Reserved
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster